港区ベースボールスクール体験会を終えて

こんにちは!

NPO/FIELD OF DREAMSの矢野和哉、Kazeeです!

 

6/17(水)港区青山運動場で、向井陽コーチ、“よっさん”と

第8回港区ベースボールスクール体験会開催しましたぁっ!

 

やっぱり、いいね!

いつも、子ども達と“ふれあう”と充実感があるんだよな。

 

だってさ、1年生から6年生まで、

野球の好きな子、運動経験の少ない子、

身体の大きい子に小さい子。

子ども達にはもちろん、

出来ること、出来ないことあるんだけど、、、

 

ほとんどの場合、

「やり方」を知らない。

「やり方」が分からない。

出来ない理由は、そのようなことが多いね。

やる気がない、人の話を聞かない、性格が悪いなどなど、

そういうことではないんだよ。

 

だから、

「やり方」が分かれば、

子ども達がみるみるうちに活動的になり、

おじさんの私にもエネルギーが伝わり、

充実感がもらえるんだよ。

 

 

 

子ども達の活力は大人の接し方で、

大人自身のエネルギーとして取り込めるのだ!

どうだ!

究極の人生活力循環エネルギーエコシステム。

 

人生円熟味を増した大人の経験を子ども達に伝えるということは・・・

大人の役目でもあり、大人のための生き甲斐と健康にもいいと思うよ。

そして、子ども達は「体力」「気力」「知力」のUP。

親子で、家族で、街で、社会で、

スポーツを通して“ふれあいの場”をつくれば活力出るのだ! きっと!

それぞれの大人が、

「やり方」「きっかけ」を子ども達にどのように伝えるか?

それが大切なんだ。

だから私たちは、子ども達と大人の“ふれあいの場”を育みたいのです。

 

今じゃなく、前からっ!

私たちは青山で“ふれあいの場”つくりをスタートしています。

 

“ふれあいの場”ベースボールスクールのスタートは、

“やっさん”&“よっさん”から始めます。

人見知りの子ども、モチベーションが上がらない子ども達の氷の壁を

コーディネーションゲームから徐々に溶かしながら始めて行きます。

もちろん!約束ごと、

スポーツマンシップを確認して、コーチも子ども達も・・・ね。

 

今回から16:00開催にして、

子ども達も学校が終わって慌てず来ることができるようになったかな。

芝浦の方からも来てくれたお友達がいて。

 

終わりの挨拶は、一番小さい1年生の男の子が率先して挨拶してくれました。

暑かったけれど、子ども達の“そよ風”は、ほんとに心地いい。