新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

お陰様で当NPO法人も設立5期を終えることができました。

午(うま)年の今年は6期目を迎え、今まで以上に新たな気持ちで

優駿のように力強く、美しく、華麗に前に進みます!

今年も、今年こそは、良い年であるといいな。

良い年にしたいな。みなさんもそう願うと思います。

午年の馬、

オルフェーヴル、フェラーリ、ベンハーに暴れん坊将軍。
馬から何をイメージしますか?

 株投資の格言に「午尻下がり」という言葉があるそうです。

午年は、株価が最も下がる年だからです。

それがどうしたんだ!
何もしなければ何も前へ進まないぞ!

 考え方、解釈で良くもなり悪くもなります。

「尻が下がれば頭は上がる!」

みなさん、これで行きましょう。

『人間万事塞翁が馬』

人生における幸不幸は予測しがたい。

幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからない。

安易に喜んだり悲しんだりするべきではない。

という意味ですね。

ICTの発達により、世の中は目まぐるしく変化しています。

その変化にどのように対応するかが大切なことだと思います。

事業には、「導入期」「成長期」「成熟期」そして「衰退期」

の段階があり、必ず新しいものは古くなるのです。

その変化の中、「成熟期」は目標達成のお祝いをする時ではなく、

次の準備をする時と考えなければ直ぐに「衰退期」を迎えます。

「成熟期」では、次の課題に取組まなければならず、

新たな「導入期」に取りかかれるお祝いすることが

大切なことでしょう。

一馬身、鼻先、写真判定?

ゴールでのビジョンを描いて、今年も楽しい年にしましょう。

理事長   矢野和哉