和泉ラグビースクールの指導方針

〜子どものやる気や主体性を引き出すコーチングコミュニケーション〜
やってはいけないことやマナーなどのしつけの部分は、スポーツを通じてルールを守ることやスポーツマンシップを知識として伝えていきますが、子どものやる気や主体性を引き出すには、子ども達本人に考えさせ、決定させるといったプロセスが大切です。コーチ達は以下のことを念頭におきながら子ども達とコミュニケーションを行うよう心掛けています。

【子ども達に考えさせる 】
いけないことをした時は、何故いけないか、プレーや練習を止めても子どもに考えさせる。(コーチは極力怒らない)

【主体性を優先する】
特に低学年の子には、自分の判断や、やる気を引き出す指導を心掛ける。

【褒めて伸ばす】(自己効力感を高める)
できないことができた、やってはいけないことを止めた、スポーツマンシップに則ったプレーをしたとき、良いことは極力みんなの前で褒めるようにする。

※子供達のやる気を高める4つの方法をご存知ですか?
・手本としてやってみせる、簡単だとに思わせてあげること。
・周囲の評価や他人との比較ではなく自分にとっての成長や成功体験を大切にし、気付かせてあげること。
・信頼ある人から言葉や態度できちんと褒める、励ます、激励しすること。(保護者やコーチ)
・できたことを具体的に実感させてあげること。(調子の良さや達成感や高揚感など)